文科省プログラム「enPiT」を振り返りながらニューノーマルな働き方について考える

ホーム » ブログ » 文科省プログラム「enPiT」を振り返りながらニューノーマルな働き方について考える

今回文部科学省の教育プログラム「enPiT」に参加し、1年間アプリ開発を行なったため、振り返りをします。

記事の最後の方では、enPiTの授業形式がまさに今大手IT企業などで取り入れられているやり方に近かったので、これからの働き方のあり方やその中で市場価値を高めるためにはどうすればよいかを考えました。

enPiTとは

高度IT人材を育成する産学協働の実践教育ネットワーク

「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」は、4分野における高度IT人材の育成を目指しています。大学・企業界の協力体制のもとで推進されるリアリティの高い講義や演習など、特色あるプログラムを通じて実社会においてイノベーションを起こすことができる人材を輩出します。

enPiT2 成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成: https://www.enpit.jp/

授業の趣旨は、つまるところ「身の回りの課題を解決するアプリを作ってください!」ということです。

伝えたいこと

オンライン開発でGood Jobができたこと

僕は二度寝を克服できない人たちが集まる「ずぼらこあら」というチームで1年間開発を行なってきました。

まずはプロダクトPVをご覧ください!

ずぼらこあらのプロダクトPV

興味を持たれた方は是非使ってみてください。

ずぼらこあらのプロダクト

「鬼電こあら」のLINE友達追加リンク

アプリの使い方・説明はチームリーダーの竹内くんの記事に詳しく書かれてます。

メンバーは6人いたのですが、全員の技術スタックが少しずつずれてるような感じでした。しかしながら、モブプログラミングを活用することで、慣れない言語で開発した割には完成度の高いアプリが作れたのではないかと思っています。

自分のチームがどのようなプロダクトを作ったか

課題から解決方法へ

前述した通り、僕は二度寝を克服できない人たちが集まる「ずぼらこあら」というチームにいました。
そのため、起きたい時間に起きられない課題に対して「自分ごと」になり、解決方法を模索していました。

模索の結果、以下のような結論に辿り着きました。


起きたい時間に起きられない。
なぜか?
起こしてくれる人がいないから!

起こしてくれる人と起きたい人をマッチングすれば問題解決?
しかしながら…
既存のモーニングコールアプリでは起こしてくれる人が少なく、マッチングしない。

起きたい人が起こす側に回るようなスキームがあれば良い!

チケットを導入すればよい!

チケット...モーニングコールの要望を投稿するにはチケットが必要で、チケットを稼ぐには、モーニングコールをして他のユーザーを起こす必要がある。

このような経緯でできたのが、先ほどお見せした「鬼電こあら」です。

プラットフォーム選定

アプリを作るにあたって、ネイティブにするか、WEBにするかの議論は重要です。
なぜなら、どのプラットフォームにするかでユーザーへの負担が大きく変わるからです。

ネイティブアプリの場合、アプリを使うためにはアプリストアからダウンロードしなければなりません。

ご自身がアプリをダウンロードする際を思い浮かべれば想像がつくと思うのですが、軽い気持ちで端末にアプリをダウンロードすることは少ないはずです。

一方で、WEBアプリの場合、ユーザーは気軽にアクセスできますが、継続的に利用してもらいたい場合、ネイティブアプリに軍配が上がります。

また、機能要件の視点からも考える必要があります。

外せない機能要件の一つに「着信通知」があります。
なぜ外せないかというと、モーニングコールがあったときに着信音がなければユーザーは電話に取ることすらできないためです。

以上を踏まえて、

  • 着信通知が行える
  • 継続的に利用しすいプラットフォーム

を前提にプラットフォームを検討していました。

ネイティブアプリは、80分前後の開発時間の直後に他のプログラム受講者の方にアプリを触っていただくことを考えると、現実的ではありませんでした。(他の受講者でネイティブアプリを作っているところもありましたが、やはりディストリビューションには苦労していたようです。)

WEBベースで着信通知を行う方法はないかと調べていたところ、Line OutをURLスキームで利用できることを知り、LINE内ブラウザで動作するWEBアプリ(LIFFアプリ)にすれば、通常のWEBアプリと違い、ブラウザ-LINE間の移動なくシームレスな体験を提供できることに気づいたため、LIFFを使って開発を行うことになりました。

これらの利点に加え、

  • 日本語ドキュメントが充実している
  • 公式から出ているスターターキットがあった

ことも採用の理由です。

※ 欠点としては電話番号を隠すことができないということがありましたが、授業内だけで使うという前提のもとであれば、利点の方が上回るため採用しました。

よく頂くご意見とそれに対する自分の回答

  • Lineを持っていないと使えないの?
    • はい。しかしこれは短所にならないと考えます。なぜなら
    • Lineの利用率は77%、20代まででは90%以上のため、ほとんどのユーザーをカバーできているからです。
    • また、プラットフォームをLineにすることで、ネイティブアプリに比べ導入コストを低くできるという利点もあります。
※...モバイル社会白書 2021年版, 株式会社NTTドコモ モバイル社会研究所(https://www.moba-ken.jp/whitepaper/wp21/pdf/wp21_all.pdf
  • 電話をかける人が相手の電話番号を見れてしまう
    • 通話にはLineに搭載されているLine Outという機能を利用しているのですが、電話番号が見れてしまうのはこの機能がそのような仕様になっているためです。
    • このような実装になった詳しい経緯は「プラットフォーム選定」のセクションに記載しています。
  • たとえば3時に起きたい人がいたとすると、起こす人が困るのではないか。
    • 3時に起きたいという要望を叶えることは、ユーザーの生活習慣の悪化を助長することになるので、サービスの目的ではありません。そのため起こす必要もなければ、推奨もしません。
  • 初回に3チケット付与することで要望数が増え、起こしてくれる人が供給不足になってしまうのではないか。
    • 意図的にそうしています。サービス初期に投稿数が少ないと、チケットを得られる機会も少なくなってしまいます。それが循環して投稿数も次第にシュリンクしてしまうので、あくまでもサービスの初期段階では要望過多の方が好ましいです。
    • この仕様は暫定的なものであり、MAUなどの指標に基づいて柔軟に変化させるスキームを取り入れることを考えていました。

ニューノーマルな働き方と求められる能力

なぜニューノーマルな働き方について考えているかというと、enPiTの授業形式がまさに今大手IT企業などで取り入れられているやり方に近かったためです。

今年のenPiTは以下のような形式で授業が行われました。

開発コマ、ゲスト講義コマオンライン
レビューコマオンライン、希望者はオフライン

この他に、チームで1つの場所に集まってオンラインの講義を受けるなど、各チームの創意工夫も見受けられました。

さて、本題に入りましょう。
「ニューノーマルな働き方」以下のように定義します。

  • 基本の作業はオンライン
  • 重要な会議、打ち上げ等はオフライン

このような働き方では次のような特徴があることに気づきます。

  • オンライン
    • オフラインと違い、非同期, 同期型のコミュニケーションが両立
    • テキストベースのやりとりが盛んなため、自分の意見をテキストで伝える能力が必要
  • オフライン
    • 合意形成を目的としたコミュニケーションでは対面=オフラインが有利
    • 空間を共有することで、感情も共有しやすい。

また、ニューノーマルな働き方では、次のような能力が求められました。

  • 一度もリアルであったことがない人と親しくなる能力
  • テキストで正確に意見を伝えるための言語化能力
  • オンラインで心理的安全性を確保するコミュニケーション能力

このような特徴を理解した上で、2つの形態をうまく活用しつつ、上記の3つの能力を高めることが、ニューノーマル時代でストレスなく仕事をする上での鍵になると考えます。

おわりに -今後-

「enPiT」に参加したことで、チーム開発を経験することができ、Gitの使い方を工夫したり、CIを組んだりして、個人開発では得られないようなノウハウを得ることができました。

また、機能要件を洗い出すための考え方や、ユーザー中心で実装の優先順位を決定することができたので、さらに能力を伸ばしてPdMの仕事ができればと思います。

コメントを残す